スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第2弾 【レシーブの瞬間編】

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>スパイクレシーブのコツ 第2弾

〜 はじめに 〜

コースの位置取りをしたら、次はスパイクレシーブ時の、ボールをインパクトする瞬間・レシーブする瞬間について、いろいろ書いてみたいと思います。

「レシーブの構え」とかについては、スパイクレシーブだからといって特別な構えがあるというわけではなく、基本的なレシーブの構えに変わりはないかと思います。

むしろ、スパイクが打たれてから瞬間的に動ける範囲というのは決まってきますので、その分、重心が低く、いかに広い範囲のボールに、瞬間的に対応できる構えが取れているか・・・・そのレシーブの基本的な部分が、余計重要になってくるプレーのような気がします。

基本はどのプレーでもごまかしが効きませんし、これはこれで大切ということで置いておいて(笑)・・・・。

ただ、やっぱり「スピードが速く・威力も強いスパイクを受けるレシーブ」という、スパイクレシーブならではの特徴もありますので、この「威力やスピード」に対する工夫や対策というのは、また別に必要になってくるかと思います。

そこら辺について、引き続き書いていきたいと思いますので、またヒントになりそうなことがありましたら、ぜひまた取り入れてみて下さい。