スパイクレシーブのちょっとしたコツ 〜 第1弾 【コース取り編】
〜 では実際、どうやってコース取りをすれば良い? 【Step3】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>コース取りの方法 【Step3】

最後に、「自分のクセ」を加えてさらにコースの微調整を

最後に、言われればそうだけど、なかなか気づきにくい、「自分のクセ」をコース取りに加える・・・・ということについても、ちょっと書いてみたいと思います。

ここは、加えたからといって、前の2つみたいに大きくポジションが変わるということはなく、微調整的な話になりますので、最後のスパイス的なモノとして、また見てみて下さい。

ちょっと自分の例ですが、自分は、左足元に来るボールのレシーブがなんとなく苦手で、自分の右側に来るボールの方が断然拾いやすく感じます。
そして、実際にも、右側のボールの方が、レシーブ自体も全然安定しているような気がします。

ので、「ブロック」、「相手アタッカーのクセ」から予想して決めた「ここら辺かな?」というコースよりも、いつも気持ち左側のコースに入るように心掛けてます。
そして、自分がレシーブし易い・右側のレシーブ範囲を広くし、苦手に感じる左側のボールは、なるべく正面で処理できるように・・・・最後の最後で、ちょっとだけ入るコースを修正してます。

そんな風に、自分の特徴、特に自分の苦手とする特徴を取り入れ、苦手な範囲をなるべく狭くするようにコースを工夫し、自分がレシーブし易く感じるように、最後にちょっとだけレシーブコースを調整することを、最後にオススメします。

苦手なところに飛んでくるボールってのは、どうしても反応が遅れがちになりますし、上手く処理することも難しくなりますので、ちょっとしたことですが、レシーブの精度をより正確にするには、大切なことかと思います。

また、その苦手意識は、左右だけでなく、人によっては、オーバーで処理するボールが苦手な人もいれば、前に沈むボールが苦手な人もいたり、前後のボールに特徴を持っている人もいるかと思いますので、また自分をよく観察してみて、そして、その特徴を、最後にちょっとだけ取り入れてみて下さい。

ここのまとめ

以上、3段階に分けて、「コース位置取り」について、いろいろと書いてみました。

スパイクはやっぱり打球が速いので、どうしても瞬間的に動ける範囲も限られてしまい、そのため、この事前準備とも言えるこの「コース取り」が、「スパイクレシーブ」においては、かなり重要な部分を占めてるようにも思えます。

そのため、コースの取り方次第で、「スパイクレシーブ」のやり易さ・精度も全然違ってきますし、そして、最初はコース取りで迷ったり・悩んだりすることもあるかと思いますが、いろいろ試しているウチに「コースの位置取り」もだんだんと正確さを増してくるものでもあります。

ので、ぜひ出来そうな部分からでも「コースの取り方」、いろいろと試してみて下さい。