レシーブの重心はなぜ低い方が良い?
〜 最後にちょっとだけ注意点を 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>ちょっと注意点

今まで、あまり「重心の低さ」とか考えたことがない人に

ここまで、いろいろと書いていたら、だいぶ長くなってしまいましたが、最後にちょっとだけ注意点を書いておこうと思います。
分かっている人には当たり前に感じることかもしれませんが、重要なことかと思いますので、特に「レシーブの重心とか考えるのは今回が初めて」という人は、もうちょっとだけお付き合いを・・・。

○まず一つ目に
「重心」、「重心」と何度も言ってきましたが、『重心の低さ』とは手の位置の低さではなく、『腰の位置の低さ』のことを指していると思って下さい。

腰の位置を下げずに、手の位置だけを低くしてしまうと、前のめりの変なレシーブ型になってしまい、逆に安定しない形になってしまいますし、視界も狭く・悪くなり逆効果になってしまいます。

また、「重心を乗せる位置」なのですが、これは基本通り、つま先方向(親指のつけ根辺り)に乗せるように心がけてみて下さい。

たまに、重心の位置をかかとに乗せたまま、腰だけを低くしている人を見かけますが(ちなみに、実際ボクの身近にもいたりします・・・)、これだと逆に、動こうにも動けなくなってしまいますので、あくまでも重心の位置は基本通り・『親指のつけ根辺り』に置くイメージを常に持っておくことも、大切かと思います。

○そして二つ目に
コースの入り方や、落下点までの距離感など、いままで自分の「ここら辺かな?」と感じていた、なんとなくの「レシーブ・ポイント」を、誰もが感覚的に持っているかと思いますが、重心を低くした分、その「レシーブ・ポイント」も、少しズレるかと思います。

ので、レシーブするときに、少し「あれ!?おかしいな」とか、「あれ!?うまくいかなくなったかも」という違和感も、最初のウチは少し感じるかもしれません。

でも、そのズレも低いレシーブ形に慣れるに従って、また低い位置にすぐ合ってきますので、慣れるまではちょっと違和感があるかもしれませんが、最初のウチだけ少し我慢してみてください。