レシーブの重心はなぜ低い方が良い?
〜 「重心が低い」と、どんなメリットがある? 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタレシーブのあれこれ>重心が低いメリット(1)

1つ目に「瞬間的にレシーブができる範囲が広くなる」というメリットが

まず最初に少し、逆に「重心が高い」場合を見てみたいと思います。
レシーブのとき、重心が高いとどうなるか・・・・

いきなりですが、『足元に来たボールにうまく対応しずらい』、もしくは、何とかボールに追いついたとしても、安定した形でレシーブすることはできないように思います。
そうなると、対応できるボール範囲ってのは、必然的に自分の手の届く・ほぼ横一直線くらいになってしまいますので、レシーブ範囲は狭くなってしまいますよね。 レシーブのときに重心が高いと・・・・ よく、シートをしてても、真正面のボールにはめっぽう強いが、レシーブ・ボールが少し低かったりすると対応出来ないタイプの人がいますが、そのタイプの人は重心が高いことが多いように感じます。

では、なぜ重心が高いと足元のボールに対応できないのか??

それは、人間の体的に、重心を上に上げる動作より、重心を下げる動作の方がとても苦手だからだと思います。
その場で、レシーブの形をして重心を上げ下げしてみても、重心を下げる動作の方が苦痛や、やりずらさを感じますよね。

そして、レシーブは瞬間的な動作を必要とされる場合が多いので、その一瞬のウチに体が苦手な動作をしようとすると、体が固まってしまってできないか、それか重心自体は下げずに「腕だけ下げた、前のめりの不安定な形」になってしまうことも多くなります。

では逆に、元から重心が低かったらどうでしょう?
元から「重心が低い構え」をしていれば、腰を横にスライドさせるだけで、手は足元まで届いてしまいますので、重心を下げるという苦手な動作をしないで済みます。 レシーブのときに重心が低ければ・・・・ また、高いボールに対しても、重心を上げるという、「苦手ではない方の動作」で対応できますので、体への苦は少なく対応できますよね。

以上のことからも、重心の高さ一つで、レシーブ範囲の広さがだいぶ変わってくることが感じられるかと思います。

ここでちょっと余談かもですが、ちょっとだけレシーブ全般について思うことを・・・・

レシーブはボールが飛んできてから動いたのでは遅い場合が多く、
『ボールが来る前の予測(読み)と、ボールが飛んできたときに、いかに自然と広い範囲のボールに対応出来る予備構え(頭で考えてから動くのではなく、自然とボールに反応出来るような構え)が出来ている』

かが、成功のカギになってくるかと思います。

スパイクなどの速いボールなら、なおさら頭で考えている余裕もないので、余計にそこがポイントになってきますよね。

そういう点から考えても、 『重心を下げて、瞬間的に広い範囲に対応できるレシーブ形』を事前に作っておくことは、とても有効なことかと思います。