『対人パス』は「濃さ」を意識すれば、万能練習メニューにも
〜 「真剣さ」と「意識」によって、いろいろに変身する対人パス 【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタその他のバレーネタ>いろいろに変身する対人パス(2)

それぞれの修正したいこと・課題によって「対人パス」の内容もいろいろに

そんな、意識や考え方を変える程、内容が変化する「対人パス」だけに、「対人パスなんて、あまり深く考えたことがなかったなぁ・・・」という人のためにも、できるだけ色々な工夫方法を書きたいところなのですが、それぞれのその人が抱えている課題

○レシーブを安定させたい
○スパイクレシーブの拾える範囲を広げたい
○トスの距離感を正確にしたい
○スパイクをきっちりミートしたい
○もっとドライブを掛けたスパイクにしたい
・・・・・

などによって、対人パスの工夫内容もまたさまざまかと思います。
そして、そのパターンは無数にも・・・・。

ということで、全部が全部の練習パターンなんてのを書くのはちょっと無理なのですが、自分が思いつく・よくありそうな課題の工夫例を、次から少しだけ書いてみたいと思います。

「ピッタリ」ってのはあまり無いかもしれませんが、ご自身の「対人パスメニュー」の参考・ヒントになる内容はあるかもしれませんので、また興味がある人は引き続きそちらも見てみて下さい。