レシーブ力向上に一役買ってくれる「肘(ひじ)サポーター」
〜 「肘(ひじ)サポーター」のメリット 【その2】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタバレーボール用品のあれこれ >肘サポーター メリット(2)

【メリット】 その2.一瞬感じる床への恐怖感が減るため、普通のレシーブにも有効に

レシーブをするとき、いつも安定した体勢でレシーブできればいいのですが、速いボールも飛んできますし、予想外のところに飛んでくるボールもありますので、なかなかそういうわけにもいかないかと思います。
特に、スパイクレシーブや、すごく変化するサーブを取るときなどは、無理な体勢でレシーブすることもよくありますよね。

その体勢が崩れたとき、床とぶつかる恐怖心から、一瞬、体がレシーブすることを躊躇(ちゅうちょ)してしまうことも、けっこうあるかと思います・・・・あまりそう感じない人も、「ケガしてもいいや」と思う人以外は、無意識的に、床から体を守ろうとするので、何となくでも躊躇はしているはずです。

そんなとき、『肘(ひじ)サポーター』をしていれば、肘をついても痛くないので床への恐怖心をあまり感じなくなりますし、また、肘(ひじ)からそのまま、床に上半身を預けられることも出来るので、スムーズにレシーブ体勢に移ることができる気がします。

自分がいま肘サポーターをしている理由は、フライングよりもこちらの「レシーブがしやすい」という理由の方が大きいかもしれません。

一瞬の躊躇(ちゅうちょ)をするか、しないか、の違いではありますが、一瞬の判断がけっこう成功を左右することも多いレシーブだけに、 自分はこの『肘(ひじ)サポーター』をしていると、いい意味の安心感が持て、レシーブがとてもやり易く感じるといいますか、カバーできる範囲が広くなるように思います。

ので、「レシーブのとき一瞬判断が遅れるなぁ」と思う人や、「床とぶつかるのが恐い」という人、また「レシーブのときに安定感が欲しい」という人にも、ぜひこの「肘サポーター」を試して欲しいと思います。