レシーブ力向上に一役買ってくれる「肘(ひじ)サポーター」
〜 「肘(ひじ)サポーター」のメリット 【その1】 ・・・ 続き 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタバレーボール用品のあれこれ >肘サポーター (1) 続き

【続き】フライングレシーブができるようになって、良かったと感じたこと

良かったとといえば、やっぱり「レシーブ範囲が広くなった」ってことです。
確かに、いままでは1歩2歩、足を出しても厳しく、あきらめてたようなボールでも、フライングレシーブが使えるようになれば、拾えることも出てきますし、やっぱりレシーブ範囲は広くなるんですよね。

そして、感覚的にもちょっと変化があります。
いままでは「あっ、無理だな」と感覚的に判断していたボールでも、フライングで届くボールだったら、自分の守備範囲になりますので、誰もが感覚的に持っている「自分のレシーブの守備範囲」も広く想定できるようになります。

もちろん、この『肘(ひじ)サポーター』を着けたからといって、すぐフライングレシーブが出来るようになるというわけではなく、着けながらのある程度の練習や慣れは必要ですが、床に肘(ひじ)をついてもホント痛くないので、床に対する恐さみたいなものは確実に減りますし、思い切ってフライングができるようになります。
思い切ってできるようになれば、やっぱり型が身に着くのも・慣れるのも断然早いですよね。

そして、フライングの熟練度が増していけば、その分、レシーブで拾える範囲も広くなりますし、また「肘(ひじ)サポーター」無しでも、肘(ひじ)を打つことなく、フライングレシーブができるようにもなってきます。

その頃には、相当キレイでスムーズなフライングレシーブになっているはずです。

そんなわけで、フライングレシーブが苦手で「華麗に出来たら・・・・」と思っている人や、「レシーブの範囲を広げたい」と思っている人には、この『肘(ひじ)サポーター』、試してみる価値はあると思いますので、興味を持った方はぜひ使って練習してみて下さい。