いいブロックは「誘導ミサイル」みたいに追いかける?
〜 最後に・・・この「動くブロック」の補足・注意点を少しだけ 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>補足・注意点

「補足事項」を少しだけ付け加えておきたいと思います

この「誘導ミサイルブロック」は、どちらかというと、高度なテクニックでもありますし、「空中で腕を動かす」というちょっと難しい動作を必要としますので、それなりのリスクもあります。

ということで、そのリスクを踏まえた注意点を、最後に少しだけ書いてみたいと思います。

【補足:その1】.この「動くブロック」が有効になるのは、主に1枚ブロックのとき
2枚、もしくは、3枚高いブロックが隙間無く・きちんと揃っている状態では、へたにブロックを動かしてリスクを増やすよりも、そのまま、腕は動かさない方がいいかと思います。

「動くブロック」が有効になってくるのは、主に1枚ブロック、もしくは、2枚ブロックで、スパイクのコースが広くあるような場合・・・・スパイカーがコースを狙って打ちそうな場合です。
そこは、ケースbyケースということで、場面・場面によって、また使い分けてみて下さい。

【補足:その2】.いきなり試合とかでは、ちょっと難しい動作。まずは練習で慣れることから
空中で腕を動かせば、空中でのバランスも崩しますし、慣れてないと、腕を動かすことでブロックとネットの間に隙間を作ってしまいやすい動作でもあります。
空中でのバランスを崩せば、ブロック自体の力・持ちこたえる力が半減しますので、ブロックアウトになり易いですし、ネットとの隙間ができれば、スパイクを吸い込む原因にもなってしまいます。

ということで、「空中で腕を動かすブロック」は、ある程度、慣れが必要で、少し高度なテクニックでもありますので、まずは練習で序々に試すことから始めてみて下さい。
空中で動かす腕も、いきなり大きく動かそうとすると、バランスも崩し易く、また、ネットにも触り易くなってしまいますので、まずは、「気持ち動かす程度」から序々に慣れていくのが、良いかと思います。

【補足:その3】.この「動くブロック」をより効果的に使う、ちょっとしたテクニック
自分もよく使う手でもあり、やってみて「けっこう使える」と思ったテクニックがありますので、最後に少しだけ書いておきたいと思います。
ちなみに、単純な自分は、逆にアタッカーとしても、数えきれない程このテクニックに引っかかってます(汗)・・・・。

ちょっとしたことですが、初めに出すブロックの腕を、通常出そうとする位置より少しストレート寄りに出しておき、最初はクロス側のコースをワザと広く見せておくという方法です。
そうすれば、アタッカーからはクロス側のコースが広く見えますので、どうしても、打つスパイクのコースが少し甘くなります。

そこから「シメシメ(笑)・・・・」と、その甘くなったクロス側のコースにブロックを動してみると・・・・効果はけっこうてき面ですよ。

最後のは、ちょっと性格を疑われてしまいそうでしたが、「スパイク vs ブロック」は、いつも読み合い・駆け引きのし合いでもありますので、その駆け引きの一環としてまた見て頂けたらと思います(笑)

ここのまとめ

以上、自分もやられると、とてもイヤでショックを感じる「空中で動くブロック」について、その効果をいろいろと書いてみました。

主に、「アタッカー側から見てイヤに感じる理由」を中心に書いてみましたが、アタッカーにとって、イヤに感じるということは、それだけ「いいブロック」ということでもあるかと思います。

また、ブロックのときの腕の使い方については、同じバレーボール上達のネタの「強いブロックの作り方 【腕編】」でも触れてますので、興味を持った人は、またそちらも見てみて下さい。