いいブロックは「誘導ミサイル」みたいに追いかける?
〜 この「動く壁」がアタッカーにとっては厄介に 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>「動くブロック」について(1)

すごくイヤ〜な感じが残る・後にも引きずり易い、そんなブロック

アタッカーはスパイクを打つとき、「どんなスパイクにしようか」とか、「どんなコースに打とうか」など、打つ前にもある程度考えて、スパイクの準備をするかと思います。

普通にただ打って決まってくれれば、何の苦労もないのですが・・・・ブロックもいれば、レシーバーも待ち構えてますし、実際は何かしら「決めるための作戦・方法」を考えますよね。

自分の場合は、「助走を始めるとき」に1回、ブロックの予想枚数や強そう?弱そう?というところから、コース狙いか、弾き狙いかなど、スパイクの種類を決め、そして、「空中で打つ前」にもう1回、実際に対面してみてのブロックの様子を確認し、「やっぱりここのコース空いてる」とか「ここなら抜ける」など、の最終確認をしてから、スパイクを打ちます。

簡単に自分の例を書いてみましたが、堅実なアタッカー・いいアタッカーほど、もっといろいろ考えたり・確認をし、そして、より確実に決めれる安全な方法を選択するかと思います。

ただ、そうやって自分なりに準備をし、確認までして、「よし!」と確信を持ってから打ったスパイクが、跳ね返ってくることもあるんですよね(汗)

自分も最初は、ブロックが動いていることなんて全然気づいてなく、初めのウチは「あれ?何で?」とか、「オレ何か間違えたかな?」という感じでもありましたが、もう一度同じようにコース狙いで打っても、結果は同じく止められまして(汗)・・・・・そこでやっと「ん!?」と気がつきました。

そうなんです、いいブロッカーは、アタッカーが打つ動作に入って、打つコースが明確になってから、ブロックを動かして、アタッカーが狙っているコースを押さえてくるんですよね。シメシメという感じで(笑)・・・・。

そしてアタッカー的には、考えて「よし!いける」と思って打ったスパイクを止められた分、やっぱりショックも大きいですし、「やられた!」という感じにもなり易い、イ〜ヤな感じが後にも残るブロックのような気がします。