強いブロックの作り方 【手編】
〜 「ブロックの手」、その形について 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>手の形について

手の形は「ボールを覆いかぶす」、「ボールを押さえ込む」ようなイメージを

ブロックの腕は「真っ直ぐ突き出すように」と腕編では書きましたが、その先端の「手」については、少し「ボールを覆いかぶすようなイメージ」にしてあげると、とてもボールを捕らえやすくなるかと思います。

何でもそうですが、直線的で真っ直ぐな板とかより、曲がって湾曲してたものの方が、モノってこぼれにくいですし、捕らえやすいものですよね。

また「覆いかぶすこと」のメリットは、「ブロックのときに生じる隙間を減らしてくれる」というメリットもあります。
上手いアタッカーほど、そのわずかな隙間・コースを抜いてくるものですし、となると、少しでも抜け道は少なくしておいた方がいいですよね。

ということで、ブロックの手の形・手の方向は、コースを押さえるように「ボールを覆いかぶす」、「ボールを押さえ込む」ようにすると、捕らえやすく・こぼれにくい、いいブロック形になるかと思います。

特に、アタッカーがストレート方向の、外に弾き出そうとしているスパイクには、効果大です。
自分は、背がそんなに高くないですし、ブロックが強そうだと半分くらいは初めから「ブロックアウト」を想定してますので、そんなブロックをしてくるブロッカーは、ホント嫌です。