強いブロックの作り方 【手編】
〜 手には、どのタイミング力を入れると効果的? 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>力を入れるタイミング

力を入れるタイミングは、「スパイク来る」、「ボールが来る」と思った瞬間に

まずは、「力を入れるタイミング」について。

「うまいなぁ・・・」と思うアタッカーほど、助走や初期の空中動作だけでは、どこに打とうと思っているのか、なかなか分からないものかと思います。
ホントいいアタッカーほど、最後の最後まで全然打つコースが読めないですよね。

ただ、アタッカーが打つ瞬間・「ボールが来る」と思う瞬間くらいまでになると、アタッカーが打とうと思っているコースや、描いている思惑みたいなものは、「体の向き」や「目線」、「動き」などで、なんとなく分かってきます

ので、さっき「腕編」でも書きましたが、ブロックの「腕」はスパイクが打たれるまで、リラックスして、コースに対応できるようにしておき、「力を入れるタイミング」としては遅ければ遅いほど良く、この「アタッカーが打つ」と思った瞬間が一番ベストだと思います。

その打ってくるコースさえ、なんとなくでも分かってしまえば、もう腕を動かしてコースを変える必要もあまりなくなりますし、そうなれば力を入れて腕をロックしまっても、ある程度は大丈夫ですよね。

ということで、まずは「力を入れるタイミング」についてでしたが、「腕」や「手」に力を入れるタイミングは、そんな理由からも、できる限り遅く遅くを意識し、この「スパイクが来る」、「ボールが来る」と思った瞬間に合わせるように心掛けてみて下さい。