強いブロックの作り方 【腕編】
〜 もしブロックが「遅れてしまった」と思ったときは 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>遅れたと思ったときは(1)

そんな場合は無理せず、次に備える意識を持つことも大切に

ちょっとおまけ的な話ですが、ここからは、ちょっとだけブロックが遅れてしまった場合の話をしたいと思います。

セッターのトスに翻弄(ほんろう)されながら、瞬間的にいろいろと動くことが多いブロックだけに「しまった、遅れた」ってことは、よくよくあることかと思います。
自分も人のことはあまり言えず、「しまった」と思うことは、よくあったりも・・・・。

こんな風に遅れてしまった場合は、またちょっと別に考えてみて下さい。

遅れてしまった場合は、無理に両腕を突き出そうとしても、タイミングが遅く・高さも不十分なことが多いため、どうしても不完全なブロックになりやすいです。

そして、その不完全な状態のまま、無理に腕を突き出そうとすると、それが逆にスパイクを吸い込んでしまう原因や、弾き出されてしまう原因にもなってしまいます。
自分もスパイクを打つとき、「ブロックのタイミングをずらして、外に弾き出すように」という手をよく使いますが、ブロックが遅れた場合は、自然とそんな状況ができてしまうかと・・・・。

なので、そんな風に「しまった、遅れた」と思ったときは、「止めにいく」「シャットアウトしてやる」というよりも、「次に備えて」の意識に切り替えて、ワンタッチを取るようなブロックにし、そして、自分達のボールにして反撃を考える・・・・そう切り替えて考えてみて下さい。

タイミングが命のブロックですし、無理して吸い込んでも1点、外に弾かれても1点入ってしまうバレーボールだけに、そう切り替えることも、特に競った試合なんかでは、そんな臨機応変さも大切になってくるかと思いますので。