強いブロックの作り方 【腕編】
〜 どれだけ仕留め易いブロックになるかは、この腕の使い方に 【その1】 〜

バレーボールのすすめ TOPバレーボール上達のネタブロックのあれこれ>ブロックの腕について(1)

まずは基本・・・ブロックの腕はボールに向かって、揃えて突き出すように

とても基本的なことかもですが、もし、けっこう弾かれてしまう事や、ボールを吸い込むことが多いなぁ・・・と感じる人は、この「腕の突き出し方」について、まずチェックしてみて下さい。

この「ボールに対する腕の出し方」が、ボールに向かって真っ直ぐではなく、少し回り道して上から出てたりすると、どうしてもネットとブロックの間にすき間ができやすいため、吸い込むことも多くなりますし、また、回り道する分、タイミングも少し遅れるため、弾かれることも多くなってしまいます。

ブロックは、スパイクを打たれるときに、急いで急にやるような動作です。
そして、対人パスやシートなど、いつもやるような基本的な練習では出てこない動作で、見直す機会も少ないため、「知らず知らずのウチに変なクセがついていた」なんてことが、けっこうあったりするんですよね。(自分もそうでした・・・)

また、自分の間を抜かれることが多いなぁと感じる人も、この腕の出し方がボールに対して突き出す形ではなく、腕を広げたブロックになってしまっていることが原因で、ボールが間を抜けてしまってるってことも、多いかと思います。

コースに幅のあるスパイクを打つアタッカーに対しては、腕を広げるのが有効な場合もありますが、基本的には、やっぱり腕は揃えて、ボールに突き出すようにし、そして、コースの変化に対しては、その揃えた腕を空中で動かすようにして対応するのが、一番ベストだと思います。

ので、まずはこの「腕の出し方」、変な出し方になってないか、チェックしてみて下さい。